« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

桜もだいぶほころび満開******(*^。^*)

いよいよ、春幕開け。

ちょっと風は、冷たいけれど明日からは4月。新年度。

年代わりとしては1月だけど、季節代わりのこの4月。

いろいろなものが芽吹き成長が一番に感じられる季節。

大地のパワー全開 \(^O^*)/

春エネルギー

たぁーっくさん吸収して

みんなそれぞれ、のびのび誇らしげに多種多様な花

咲かせたいね。

夏に咲く花、地味な花、派手な花・・・・・

色々在るけれど、自分なりのBESTな花さかせたいね・・・・・。

オイラは、いったい何の花かなぁ~(^。^)・・・?

2006年3月25日 (土)

つくし誰の子・・・・

ポカポカ、昼下がり近くのコンビニまで散歩!?

歩行者すら車道を歩いているようなところの隅

雑草たちが生えているその中に・・・・・

つくし+スギナ発見!!(@。@)

このご時世、植物も場所を選んでなんかいられない!!

とばかりにニョキニョキ

それにしてもこんなところに・・・・強く儚き雑草達

それもそのはず、つくし+スギナの仲間達

今から3億年!もの昔この地球上に大繁栄し、一世ををふうびしていたとか!?

それらが、長い時間のなかで絶滅をしたり変化をとげ、原始的な植物の姿をとどめたままの生き残ったのが”つくし+スギナ” ← 他の植物達とちょっと見た目が違うのはそのせいなのだよっ

ちなみに、このスギナの祖先が大昔に大繁栄をし姿を消していくなかで石灰となり、近代の人間社会に貢献しているらしい

3億年前から生き延びたからには、いまさら引き下がれないでしょ!?

その為には、危機管理、怠りません。

地上には数十センチ・・・

地下では、根(根茎)を地中おくふかぁーーーーーーくまで、縦横無人に張り巡らし、暗躍しているわけ。

この活躍加減をかわれてか!?閻魔大王の囲炉裏の自在金具になっている!?なんていわれたりもする。← 地獄から地上までつながってるってことだよねっ""""(・・;)

広島に原子爆弾が落とされ、緑が戻るには50年はかかるといわれる中、まっ先に芽吹いたのがこのスギナだったとか。 ← 閻魔大王からのプレゼントかっ!?

いまや、除草困難、防除困難と忌み嫌われているが、このこらのおかげで助かっていることもあるのだね

人間よりはるかかなた大昔よりこの地球上に存在している動植物からみれば

生命の天下気分の人間は雑草・・・雑動物”と思われているのではないかなぁー

絶滅、繁栄を繰り返すなか人間の時間は、あとどれだけあるのかな・・・・・

動物の育つ場所も植物の育つ場所も、もっともっと大事にしないと

みんなの怒り爆発。人類絶滅もそーとーくはないかもね・・・。

一日一善・・・一日一エコ

この小さなエコ。かなり大事だと思うんだよねぇ~

皆さん、怒りをかう前に心がけましょう!!

2006年3月21日 (火)

桜開花は!?

春一番も吹いて、寒さもぶり返して、風の強い日が続くともうすぐ春!

暑さ寒さも彼岸まで!

と昔の人はよく言ったものだねぇー

確かに確かに (^。^) ここ最近、結構暖かいかなぁ~なんて

近くの桜のつぼみもかなり色ついてきてるし (*^ー^*)

これはやはり、そろそろ花見でしょ!?

去年、近場のキャンプ場で夜桜花見を開催 

特建部のタム、かなり、準備頑張ってくれたんですねぇー

発電機と現場用のライト、ブルーシート持参 

さすが、建築屋!?といわんばかりの準備!?

現場なれかっ!?タム、ぱぱっと設置。(メ`-`)メ

これなら暗くったって、大人数だってOK!!

食べ物・飲み物調達抜かりなし!! 

これなかったらかなりの大ヒンシュクですから・・・・なんせ、食い気、飲みっ気旺盛なもので・・・・!?

準備万端!

結構、みんなテンション高かったりで楽しいひと時

桜も昼間とは違う顔を持っていてかなりキレイ

とぉーっても大満足な夜桜花見 ***** <(*^ー^*)>

ということで、今年もF部長も乗り気(!?)

なんて情報もあるのでぜひぜひ開催したいものですねっ!!

2006年3月18日 (土)

ボタモチ?おはぎ?

なんだか、サボっていましたが・・・・・

本日、お彼岸の入りということで心新たに開始!? (・。・;)">

というのも・・・・。

春・秋の彼岸この年2回2週間は、

布施-他人へ施しをする

持戒-戒を守り、反省すること

忍辱-不平不満を言わす耐え忍ぶこと

精進-精進努力する

禅定-心を安定すること

智彗-真実をみる・意識を働かせる

これらを心がけ、実践しましょうというのがそもそものお彼岸の法要の意味だとか・・・。

とはいっても、仏教語。良くわからないのだけれども日々の生活を見直しなさい。

かな!?と解釈。最近のブログのサボりを反省してみました。

さて、後はやはり花見シーズンも近くなり食い気。

お彼岸に欠かせないもの。ボタモチ&おはぎ。

これって同じものなのにねぇー何が違うのか?と思いません!?

これって日本人魂なんですかね。季節を食べ物にまで表現してたんですよ!

春の彼岸は、”ボタモチ=牡丹モチ”

秋の彼岸は、”おはぎ=お萩”

季節の花(俳句で言う季語)になぞられて呼び方を変えてたんですって。

日本人ならではの文化?風習?

身近な食べ物にも、日本人の心遣いあり!?

2006年3月12日 (日)

自由が大好き!

動物占いに何の迷いもなくすっかりはまったオイラ。

ちなみに・・・ペガサスでした。さらに、詳しいのだとおとなしいペガサス。おとなしい・・・これはどうかと・・・と思いつつしっかりはまってます。

このペガサス。自由が大好き! ← 大好き!大好き!(^O^)/

面倒くさいの苦手。 ← かなり・・・(・。・;)

機嫌の差が激しいお天気屋・・・ ← ・・・・・かなっ?

つかみ所がない・・・・ ← ・・・・・か?

人の話は上の空!?・・・・・ ← ・・・・・・?(・・?) 

嫌なヤツじゃないこれって!?(;っ;)

なんて思いっきりはまったんだけど、はて?考えてみれば・・・・・この占いって誰がつくったの?どれだけ種類があるわけっ!?

なんで、動物占いなのにペガサス?これって、想像上のだよね・・・・・!?

調べてみたものの・・・・わからないんだねぇー。これがさっ。

ただ、占い自体はすごぉーーーい昔から世界各国にあって、一般的な星占いは、メソポタミアで紀元前10世紀ごろからくらいで、現存する最古の占星術のテキスト(!?)は西暦10年頃にかかれたんだとか(*O*-)ひょぉー

色々な事がめまぐるしく変化して

時が過ぎて、

メソポタミアの時とは似ても似つかぬ現代で

同じ占いを楽しんでる人間のこういうところ

今、昔も変わらないのってなんだか、不思議・・・。

そうおもいませんか?

2006年3月10日 (金)

はじめまして(^o^)/

 こんにちは。今週からお世話になっております、新人のhaseです。宜しくお願いします。

初日に、ちょうどうさぎさんのお婆様のご葬儀と重なり、お留守番を頼まれました。

ちょっとびっくりしましたが、とても貴重な体験をさせていただきました。

天からきっと、見守っていてくれていることでしょう。私も、恥ずかしくないよう、気合いれて頑張ります。

お婆様とラムちゃんの、ご冥福をお祈り致します・・。

 ところで私、社員として働くのは久しぶりで、ダイブ体がなまっているようデス・・(^^;)。

これからジムにでも通って、体力つけていきたいと思います。最近はヨガにハマッてます。

リラックスも出来て、睡眠改善にも良いですよ~~。

 慣れないことばかりで、少々戸惑うこともありますが、早く一人前になれるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします_( .. )_

 

2006年3月 8日 (水)

予告

あっという間に、1週間が過ぎてしまった・・・・。

ニュースじゃぁ~桜の開花の話なんかもちらほら。

あっという間に、春。早いねっ。花見だね。団子だね。

人間も、植物と一緒。

冬、見えないところで準備

春、芽吹き、花を咲かせ

夏、たくさん光合成してエネルギー補給。実りに備えて木も成長。

秋、雨、風、寒さ、暑さに耐えて色々な実り。大きいのもあれば小さいのも・・・・・

ウチの木には、どれだけたくさんのどんな笑顔が実るだろうか・・・

辛いことこそ、苦痛こそ、怒られる事こそ、それを感じられることに幸せを・・・それが素敵な実りに・・・・・感謝。感謝。で笑いましょう。 命あるうちですから・・・・・

なかなか難しいですが・・・・・心にゆとり・・・ですかね・・・・・

さて、今日は予告。

明日は、ウチの新人ちゃんに登場してもらうよぉー /(*^w^)v 

お楽しみにぃ~ って勝手に決めてるけど、オイラ、まだちゃんと話してないけどね・・・

今後は、ボスや他の仲間も登場!? 

しちゃいますよ。してもらいますよ。ボス、Sパパ、K君。心しておいてくださいねぇー(^曲^)

ということで、みなさん、お楽しみにぃー! 

2006年3月 2日 (木)

ウサギ目

今日、お婆ちゃんが亡くなった。

ここ数年、デイケアに通い、工作を楽しんでいてそこでの作品を送ってくれたりする、ぽわぁ~んとしたお婆ちゃんだった。

実感もないまま・・・・今度は、同居中のお爺ちゃんから電話。

・・・・死んじゃったよぉ~、オイ。死んじゃった・・・・・(@-@;)〝

・・・・ヘッ・・・(・・?)なんだ?と思いダッシュで家へ。

ううううっ~ (;~;)っつ・・・・・ううううっっつ・・・っつ

愛猫のラムちゃんが、かごの中で静かに息を引き取ってました。

18年という長生き。オイラの人生の半分以上の生活をともにしてきた子。

息子のゴエモンが、母のラムに顔を摺り寄せ、もう、その姿に・・・・・・・・。

ダブルパHayatobd2005_008ンチで大きな穴が、ポッカリあいてしまいました。

 ・・・・・・・・お婆ちゃん。

・・・・・・・ラムちゃん。

    お疲れ様でした。安らかに眠ってください。

 たくさんの幸せありがとう(;。;)/"

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »